ブランクに備えて資格を取っておこう

長い社会人生活の中では、産休や育休、海外留学などといった様々な事情で少しの間だけ仕事から離れなければならなくなる場合があります。そのような場合でも仕事を継続できるようにするためには、資格を取得しておくのが有効です。もっとも、資格であれば何でもよいというわけではなく、ブランクに強い資格を選んで取得するようにしなければなりません。ブランクに強い資格にはいくつかの特徴があります。一つは専門性が高いことです。具体的にいうと、弁護士や公認会計士、不動産鑑定士といった資格を持っていれば、たとえ長期のブランク明けでも仕事がないという状況には陥りにくいでしょう。

また、難易度が高く取得している人が少ない資格や、社会的に強いニーズがある分野の資格もブランクに強い資格と言えます。例えば、システムアーキテクト試験やネットワークスペシャリスト試験などの国家試験に合格していれば、エンジニアとして高いスキルを備えていることの証左となるので、今後ますます拡大が見込まれるIT業界においてブランクを理由に簡単に職を失ったりはしないでしょう。

また、そこまで難易度が高くないものの、社会的なニーズのある介護業界で役立つケアマネージャーなどの資格もブランクに備えて取得しておくのにおすすめです。持っていれば絶対に大丈夫というわけではありませんが、ブランクに備えるためにも自分が関心のある分野の資格を取っておくという方法は有効と言えます。

ライフイベントも乗り越えられる☆☆女性におすすめの資格って??☆☆