効率的な資格取得のための勉強方法

社会人になっても勉強しなければならないケースは少なくありません。資格取得は勉強した証となるもので、キャリアアップにもつながります。しかし、日々忙しい社会人にとって勉強時間を確保するのは難しいため、効率良く勉強し、資格取得をしたいと考えるのは当然のことです。まずは勉強時間を確保することを考える必要があります。習慣化しておかないと、なかなか勉強時間は確保できないものです。夕食後の1時間とか休みの日の午前中2時間など、無理のない定期的な勉強時間を確保するとよいでしょう。

資格取得しようとすると、まずはテキストや問題集をそろえることから始まります。勉強方法として、テキストでしっかりと学習し、力試しとして問題集をやるのが一般的です。しかし、資格によっては膨大な試験範囲でテキストも分厚いことが多いです。それを最初から順番に勉強するのは効率的とは言えません。

効率的な学習方法としては、問題集を中心に学習を進めることです。問題集もオリジナルの問題より過去問を掲載したものがより実践的でしょう。しかし、いきなり問題は解けない場合も多いので、テキストで重点だけを学習します。その後は問題集を解き、間違えた問題や知識が不明確な点を問題集の解説やテキストで重点的に学びます。このことを繰り返すうちに頻出問題や試験の傾向なども見えてくるものです。この方法は選択式で効果がある方法だと言えますが、記述式でも十分に対応できる方法だと言えます。